ビジネス向けカードローンも事業融資として利用可能です

   

資金使途が自由で、保証人および担保が要らない、年収証明書類は一定額を超えなければ不要、ネットで申し込みを行えば最短1時間で融資を受けられるなどのメリットを持つのがカードローンの特徴です。カードローンは事業性資金として使えませんが、ビジネス向けのカードローンであれば事業融資を受けられるメリットを持っています。
ビジネス向けのカードローンも、ネットで申し込み可能になるので、365日、24時間いつでも受け付けていますし、金額に応じて短時間で審査結果が分かり、契約をすぐに行えば当日中に現金が指定口座に振り込まれるなど、運転資金が後もう少しだけ欲しいなどの時にも役立つ存在になってくれます。金融機関や金融業者などに用意が行われているので比較をしておくと便利です。

保証人や担保が要らないのですぐに融資を受けやすい

事業融資を金融機関を利用して行うとなると、金融機関への交渉を初め、事業計画書や融資金の運用計画書などの書類を提出しなければなりませんし、高額な融資の場合には保証人や担保なども用意しなければならないなど、何かと準備が必要です。
その点、ビジネス向けのカードローンの場合は、保証人や担保が不要になっていたり、ネットでの申し込みが出来る利便性を持っています。金融機関に出向く必要がないため、仕事が忙しい時でも申し込みが出来るのは魅力ではないでしょうか。また、審査に掛かる時間も少額などの場合では即日対応して貰えるケースが多いため、運転資金や設備導入費用の一部を借りたい時などにも便利です。法人や自営業などに関係なく事業に関わる資金として活用する事が出来ます。

ノンバンクにもビジネスで利用出来るローンを用意

ノンバンクには融資額が大きなビジネスローンを用意している金融会社が多くあります。ノンバンクは金融機関とは異なる、貸金業務を営んでいる金融会社の総称です。消費者金融も一つのノンバンクでもあり、大手の会社などの場合はビジネスローンを用意している所もあるので、事業融資が必要になった時の選択肢としてお勧めです。
高額なビジネスローンなどの場合は、不動産を担保にする不動産担保ローンもありますし、不動産を所有してない場合でも、カードローンを利用すれば一定額の融資を受けられます。但し、カードローンの中でもビジネスユースのものを利用する事が大切で、一般的なカードローンの場合は資金使途が原則自由でも、事業性を伴う利用が出来ないので利用時には確認が必要です。

ピックアップ記事

事業融資の申し込みから審査結果が分かるまでの期間

土地の売買を行う不動産会社などの場合、土地の仕入れを行うためにお金が必要になるなどからも、銀行に融資を依頼する、融資金を使って土地を購入してビジネスを進めるのが特徴です。仮に、審査に通過出来ずに融資を...

個人事業主も事業融資を受けられるチャンスがあります

一般的に事業融資と聞くと、企業の運転資金のためのお金、融資を受ける時には事業計画書を金融機関に提出して、融資の可否が審査により決定します。審査には所定の日数が掛かるのが特徴で、すぐに融資を受けたい時な...

銀行の事業融資審査は厳しいのか

会社経営を行う人は勿論の事、個人事業主や自営業を営んでいる人々は運転資金が必要になる事が多いと言えるでしょう。こんな時には銀行に事業融資を申請し、審査を受ける事で融資を受けられるようになります。但し、...

事業融資を受ける際にかかる金利というコスト

事業融資で大切なのは実質金利です。将来の金利動向を考えて借り入れをする必要があります。反面どうしても資金が必要な直面に遭遇することもあります。そんなときに資金調達を具体的に受ける方法を確保しておくこと...