事業融資の申し込みから審査結果が分かるまでの期間

   

土地の売買を行う不動産会社などの場合、土地の仕入れを行うためにお金が必要になるなどからも、銀行に融資を依頼する、融資金を使って土地を購入してビジネスを進めるのが特徴です。仮に、審査に通過出来ずに融資を受けられなかった場合、土地購入が出来なくなる、ビジネスチャンスを逃してしまう事になります。モノづくりを行う工場などの場合も、材料購入のための運転資金が必要なりため、金融機関に対して事業融資を依頼するケースは多いわけです。金融機関は信頼出来る企業であるのか否か、信用を重視するため、営業年数が浅い会社などの場合、融資を断る事もあります。
さらに、事業計画を念入りに行っていなければ融資を断る事もあるなど、金融機関からお金を借りる時にはしっかりとした計画を立てておかなければなりません。

事業性資金は会社経営に関する事に利用するお金

銀行や消費者金融には必ずと言って良い程、カードローンを用意しているケースが多くありますが、個人向けとして用意が行われているカードローンは資金使途自由、但し事業資金は除くなどの説明がローンを紹介しているページ内に記載が行われています。中には特別な特記事項がないケースもあるかと思われますが、大半の場合が資金使途として事業資金が除外されているのが特徴です。法人や個人事業主などを対象にしているカードローンの場合は生活費を除く資金になっているケースもあり、この場合は事業融資の名目でお金を貸して貰えます。
金融機関の融資と比べると審査が柔軟に行われる、保証人や担保を用意する事なくお金を貸して貰う事が出来るケースが多いなど、法人や個人事業主が利用出来るカードローンには即日融資のチャンスもあります。

ネットで完結するなどの特徴もあります

銀行の事業融資の申し込みは店舗に出向き、支店長などに対して交渉を行う事から始まるケースが多いと言われています。何度も融資を受けている場合などでは勝手が分かるので良いのですが、初めての人にとってはどのように申し込みを行えば良いのか迷ってしまうケースも多いと言えましょう。ビジネスで活用出来るカードローンの場合には、ネットでの申し込みが出来るケースが多く、審査結果についても融資希望額が少ない時などでは、申し込みを行ってから結果が分かるまで1時間など短時間で結果を知らせて貰えるメリットもあります。
カードローンの場合、全額返済を行えば最初に設定が行われた金額で融資を何度でも受ける事が出来るため、その都度申し込みを行って審査を待つなどが不要などのメリットもありお勧めです。

ピックアップ記事

事業融資の申し込みから審査結果が分かるまでの期間

土地の売買を行う不動産会社などの場合、土地の仕入れを行うためにお金が必要になるなどからも、銀行に融資を依頼する、融資金を使って土地を購入してビジネスを進めるのが特徴です。仮に、審査に通過出来ずに融資を...

個人事業主も事業融資を受けられるチャンスがあります

一般的に事業融資と聞くと、企業の運転資金のためのお金、融資を受ける時には事業計画書を金融機関に提出して、融資の可否が審査により決定します。審査には所定の日数が掛かるのが特徴で、すぐに融資を受けたい時な...

銀行の事業融資審査は厳しいのか

会社経営を行う人は勿論の事、個人事業主や自営業を営んでいる人々は運転資金が必要になる事が多いと言えるでしょう。こんな時には銀行に事業融資を申請し、審査を受ける事で融資を受けられるようになります。但し、...

事業融資を受ける際にかかる金利というコスト

事業融資で大切なのは実質金利です。将来の金利動向を考えて借り入れをする必要があります。反面どうしても資金が必要な直面に遭遇することもあります。そんなときに資金調達を具体的に受ける方法を確保しておくこと...


特徴