個人事業主も事業融資を受けられるチャンスがあります

   

一般的に事業融資と聞くと、企業の運転資金のためのお金、融資を受ける時には事業計画書を金融機関に提出して、融資の可否が審査により決定します。審査には所定の日数が掛かるのが特徴で、すぐに融資を受けたい時などは資金繰りに困るケースもあります。運転資金と言う点においては、企業だけでなく自営業の人や個人事業主などもビジネスを円滑に進めるためには必要不可欠な存在と言えましょう。
自営などの場合は、企業などと異なり金融機関を選ばないと融資をして貰えないケースも少なくありません。必要になった時にお金を借りる事が出来ないのでは新しいビジネスチャンスがあってもそれを見逃さなければならないわけです。その点、ビジネスローンや事業資金として利用可能なカードローンを利用すれば、融資を受ける事が可能になり、ビジネスチャンスを逃しません。

カードローンにはお金の使い道が自由などの利点があります

銀行の事業融資は、信頼出来る企業に対して行われるケースが多く、個人事業を始めたばかりの人への融資を断るケースもあります。銀行は信用を第一に考えるため、実績を持たない起業家への融資を行わないケースが多いと言われています。仮に、融資を受けられたとしても、審査に時間を費やしてしまい、ビジネスチャンスを逃してしまうケースもあります。
最近はカードローンを利用する人が多くなっていますが、カードローンは保証人や担保が要らない、資金使途が原則自由になっています。但し、大半の場合が事業性資金として利用が出来ないため、仮に融資を受ける事が出来ても運転資金などで活用が出来ません。しかしながら、カードローンの中には事業性資金専用のローンも用意してあります。銀行や信用金庫、ノンバンクなどのローンを使えばビジネスチャンスが訪れた時でも安心です。

有担保ローンの方が金利は低くなります

カードローンはネット申し込みで来店不要など、即日融資も可能にしているケースが増えています。ビジネスユースでのカードローンの場合も、無担保や保証人なしなどの理由から即日融資を受けられるチャンスがあります。不動産担保ローンなどの場合は事業資金としても利用が出来る、一般的なビジネスユースのカードローンと比べると金利が低いなどの魅力もあります。但し、不動産を所有しているなどの条件があるため、誰もが利用出来るわけではありません。
その点、個人事業主などが利用可能なカードローンの場合は、年齢が20歳を超えている、上限については65歳や70歳など様々ではありますが、返済能力に応じた金額を即日融資して貰えるメリットがあります。新しい設備を購入したいなど、運転資金で困った時、こうしたカードローンを利用するのもお勧めです。

ピックアップ記事

事業融資の申し込みから審査結果が分かるまでの期間

土地の売買を行う不動産会社などの場合、土地の仕入れを行うためにお金が必要になるなどからも、銀行に融資を依頼する、融資金を使って土地を購入してビジネスを進めるのが特徴です。仮に、審査に通過出来ずに融資を...

個人事業主も事業融資を受けられるチャンスがあります

一般的に事業融資と聞くと、企業の運転資金のためのお金、融資を受ける時には事業計画書を金融機関に提出して、融資の可否が審査により決定します。審査には所定の日数が掛かるのが特徴で、すぐに融資を受けたい時な...

銀行の事業融資審査は厳しいのか

会社経営を行う人は勿論の事、個人事業主や自営業を営んでいる人々は運転資金が必要になる事が多いと言えるでしょう。こんな時には銀行に事業融資を申請し、審査を受ける事で融資を受けられるようになります。但し、...

事業融資を受ける際にかかる金利というコスト

事業融資で大切なのは実質金利です。将来の金利動向を考えて借り入れをする必要があります。反面どうしても資金が必要な直面に遭遇することもあります。そんなときに資金調達を具体的に受ける方法を確保しておくこと...


特徴