銀行の事業融資審査は厳しいのか

   

会社経営を行う人は勿論の事、個人事業主や自営業を営んでいる人々は運転資金が必要になる事が多いと言えるでしょう。こんな時には銀行に事業融資を申請し、審査を受ける事で融資を受けられるようになります。但し、一般的な融資の場合は事業計画書や運用における計画書類を作成し、書類に記載してある内容が認められた場合に限りお金を借りる事が出来る、融資を受けられるまでには数日から数週間を要するなど、すぐにお金を貸して貰えるわけではありません。
その点、ビジネスで活用可能なカードローンは保証人や担保が不要である、インターネットで申し込みが出来る上、ネットで完結出来るローンを用意している所が多くなっています。借りる事が出来る金額は年商や年収などに応じて変わりますが、一般的な金融機関の融資と比べると柔軟な対応を行って貰えます。

カードローンなら繰り返しお金を借りる事が出来ます

個人向けのローンの一つにカードローンがありますが、繰り返しお金を貸して貰える点や保証人や担保が要らないなどのメリットを持っています。また、借りたお金の使い道が自由になるので、今は使わなくても将来のために用意している人も多いのではないでしょうか。但し、個人向けのカードローンは資金使途が自由になっているものの、事業資金として利用が出来ないケースが多いため、事業融資を受ける場合には、個人向けではなくビジネスユースのカードローンを申し込みするのがお勧めです。
ビジネスユースのカードローンは銀行にも用意が行われているケースが増えています。以前はノンバンクや消費者金融などの金融業者が主体でしたが、幅広いニーズを獲得する目的で多くの金融機関が運転資金としてお金を使えるカードローンがあるので利用すると良いでしょう

ビジネスユースで利用可能なカードローンの仕組みについて

銀行や金融業者などではビジネス目的で利用可能なカードローンを用意しています。これは個人向けのローンとは異なるもので、事業融資専用になります。但し、銀行によっては個人事業主などがプライベートで利用出来るローンとしてサービスを提供しているケースもあるので、ビジネスとプライベートで使いたい人は金融機関のホームページで資金使途について比較しておくと良いでしょう。
カードローンの場合は1度だけではなく、何度も融資を受けられるメリットを持っています。利用限度額が審査時に決定するので、限度額の範囲内で繰り返し融資を受けられるわけです。返済を行えば利用限度額が少しずつ元の金額に戻るので、全額返済を行った時には、審査時に決定した限度額分の融資を受ける事も可能です。

ピックアップ記事

事業融資の申し込みから審査結果が分かるまでの期間

土地の売買を行う不動産会社などの場合、土地の仕入れを行うためにお金が必要になるなどからも、銀行に融資を依頼する、融資金を使って土地を購入してビジネスを進めるのが特徴です。仮に、審査に通過出来ずに融資を...

個人事業主も事業融資を受けられるチャンスがあります

一般的に事業融資と聞くと、企業の運転資金のためのお金、融資を受ける時には事業計画書を金融機関に提出して、融資の可否が審査により決定します。審査には所定の日数が掛かるのが特徴で、すぐに融資を受けたい時な...

銀行の事業融資審査は厳しいのか

会社経営を行う人は勿論の事、個人事業主や自営業を営んでいる人々は運転資金が必要になる事が多いと言えるでしょう。こんな時には銀行に事業融資を申請し、審査を受ける事で融資を受けられるようになります。但し、...

事業融資を受ける際にかかる金利というコスト

事業融資で大切なのは実質金利です。将来の金利動向を考えて借り入れをする必要があります。反面どうしても資金が必要な直面に遭遇することもあります。そんなときに資金調達を具体的に受ける方法を確保しておくこと...


重要点